車買取

こんにちは!

秋から冬にかけて取引が多くなる、と車買取の専門店で働く友人が話していました。

新車の初売りや新年度の引っ越しなどの準備として車を買い替えたり手放したり。

新しく自動車税がかからない3月末までに売ってしまう、というのが一般的だそうです。

そんな状況から秋から冬にかけて中古車の買取が活発になると言われていて。

車を高く売りたい場合も1月から買取専門店と交渉すると期待が出来るのだとか。

ただし、買取専門店もたくさんありますし。

大手の会社や地元密着の会社、どれを選んだらよいか?という悩みが出てきます。

近所のお店があるから・・・と一つのお店だけで売ってしまうのは損しているかも?

余談ですが。。。

ディーラーでの下取りの場合、7年落ちの車は価格をつけないのをご存知ですか?

型式や年式の貴重なプレミア付きの車も同様で。

下取り価格に考慮していない、とディーラーの人が話していました。

車の運転中にラジオを聞いていると、車買取のCMをよく耳にします。

CMでは、車を売る時は複数のお店を比較して売るのが高く売るコツと聞きますね。

■一括見積取得サービス

■自動車買取オークション代行サービス

どちらも競争の原理で見積価格の高いところを選べるというメリットがあります。

特に見積もりを取得する為の費用はかかりませんし。

車を査定してもらうという手間は必要ですが、簡単に比較することができます。

一括見積取得の場合。

複数の買取専門店が1社ずつ愛車を査定しに来ます。

その場合は、日付をなるべく合わせてしまって1日で査定を済ませる。

というのが一番ラクな比較する方法だと思います。

自動車買取オークション代行サービスの場合。

出品代行の会社が査定のためにやってきます。

その結果を踏まえて、自動車オークションに出品。

一番高い値段をつけた参加業者に売ることができる仕組みです。

どちらが高く売れるか?という確証は市場の相場の変動などもあり。

お好みで選ぶということになると思います。

個人的には、オークションの方が参加業者も全国的なエリアになるので。

多くの目に触れるということから高く売れる可能性が高そうです。